神の湯「紫尾温泉」

 1500年前 、空覚上人により創建されたと伝えられる「紫尾神社」。その拝殿の下に紫尾温泉の源泉はあります。そのため「紫尾温泉」は「神の湯」とも呼ばれています。

 当初は地元にあった寺の僧侶だけが利用していた温泉が、江戸末期から庶民にも開放されたとされています。
 泉質はpH9.4のアルカリ性単純硫黄泉で、お湯に浸かるとヌルヌルとし、湯上がり後はお肌がしっとりすべすべになるため「美肌の湯」としても女性に人気の温泉です。

 しび荘には温度の異なる2つの自噴する温泉があり、それぞれお愉しみいただけます。

温度の異なる2つの自噴泉

しび荘」には、2つの自噴する温泉があり、それぞれ温度の異なる極上の温泉の恵みをご堪能いただけます。

泉質 単純硫黄泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、冷え性、糖尿病、リウマチなど

露天風呂

目の前に川が流れ、川のせせらぎを聞きながら
露天風呂を満喫いただけます。
朝の光を浴びながら、夕方の斜光線を眺めながら、
夜は星空を眺めながらご入浴下さい。
ご利用時間:7時半~20時半
※雨天(雪)の場合はご利用いただけません。

立ち寄り湯のご案内

立ち寄り湯としてもご利用いただけます。
営業時間   8時~21時 年中無休
料  金   大人300円/小学生以下100円
アメニティ  石鹸、シャンプー、貸しタオル(50円)、タオル(200円)

ページ先頭へ

Copyright © Hatago Shibiso. All Rights Reserved.